日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/28/2013 01:38 PM

 タタ・スターバックスは24日、首都デリーのインディラ・ガンジー国際空港に店舗を開業すると発表した。

 国内線と国際線ターミナルに1店ずつ出店する。同社がデリーに店舗を出すのは今回が初めて。

 同社は3月末をめどにチャットラパティー・シヴァージー国際空港(マハラシュトラ州ムンバイ)でも出店を計画している。

 アバニ・ダブダ最高経営責任者(CEO)は「これからも上質なコーヒーを求める空港利用者のニーズに応えていきたい」と意気込みを語った。

 タタ・スターバックスは米スターバックスとタタ・グループ傘下の大手飲料メーカー、タタ・グローバル・ビバレッジズ(TGB)の合弁会社。出資比率はそれぞれ50%ずつ。2012年10月にムンバイに1号店を出店し、現在は同地で4店舗を展開する。

1/24/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22769

トラックバック一覧(0)