日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/17/2013 02:15 AM

 15歳以上のインド人のうち、家庭でインターネットを利用している人の割合は2011年の段階で3%と極めて低い水準にとどまることが、米ギャラップの国際調査で分かった。

 調査は11年に世界148カ国で実施。それぞれの国で15歳以上の1,000人超を対象に、電話または対面方式で家庭でのネットの利用状況について聞いた。

 ロシアは51%、ブラジル40%、中国34%、南アフリカ共和国(南ア)は16%となり、インドの割合はBRICS(インド、ブラジル、ロシア、中国、南ア)諸国の中で最も低かった。

 全体の1位はスウェーデンとシンガポールで93%。デンマークとオランダも90%を超えた。世界全体の平均は平均32%で10年の29%から3ポイント上昇した。

 ギャラップでは家庭でネットを利用していると答えた人の中にはスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を通じてアクセスしているケースもあると説明している。

1/14/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22693

トラックバック一覧(0)