日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/24/2013 08:46 PM

 商工省商務庁傘下の包装研究所(IIP)はインド国内の包装業界の売上高について、現在の276億米ドルから2016年には437億米ドル規模に達するとの見通しを示した。

 世界全体の現在の売上高は5,500億米ドル。

 インドの包装産業は年平均12%の成長を達成、世界全体の平均5%を大きく上回っている。

 ただ、IIPによると、1人当たりの年間消費量は4.3キログラムで、ドイツの42キログラム、中国の20キログラムなどを大幅に下回る。

 IIPのSK・レイ所長は包装産業のさらなる成長に向け、「現在はそのままの状態で販売されている商品についても、今後は包装の対象とするなどの取り組みが必要」と指摘。技術革新や起業支援、物流などの分野でも改善の余地があると述べた。

 国内には原材料の製造企業から製造装置の販売業者など計2万2,000社の包装関連企業があり、このうち85%を中小零細企業が占めている。

1/22/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22753

トラックバック一覧(0)