日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/05/2013 09:21 PM

 携帯電話やタブレット(多機能携帯端末)からインターネットを利用する国内のユーザー数が2015年に1億6,500万人に達する見通しであることが分かった。

 インド・インターネット携帯電話協会(IAMAI)と調査会社IMRB(マハラシュトラ州ムンバイ)が2日発表した報告書によるもの。

 モバイル機器を通じてネットにアクセスしているユーザーは09年3月の時点で410万人ほどだったが、12年10月には7,870万人にまで増加。さらにその2カ月後の12月には8,710万人と、急激な増加が続いている。

 報告書は今後の見通しについて、今年3月に9,290万人、14年3月には1億3,060万人へと増加を続け、15年3月には1億6,480万人に達するとの予測を示した。

 モバイル機器からネットを利用する人の月当たりの通信料は平均460ルピー。このうちネットの利用料金は198ルピーと約43%を占める。主な用途はメールや交流サイト(SNS)の利用、ゲームが多く、ニュースを購読したり動画を閲覧する人は3割未満にとどまっている。

1/2/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22626

トラックバック一覧(0)