日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/28/2013 05:59 PM

 インド国内の保険会社が2013年にパソコンなど機器の購入や一部業務の外部委託などIT(情報技術)関連の投資に投じる金額が、前年より9%以上多い約1,010億ルピーに上る見通しであることが分かった。

 IT分野の市場調査・コンサルティングを手がける米ガートナーの調査によるもの。

 中でも外部のIT企業への一部業務の委託は通信と並んで保険会社が最も多くの資金を振り向ける分野となっている。ガートナーの予測では、昨年の270億ルピーから今年は306億ルピーに増加する見通し。

 同社では、「インドで保険の普及が進むとともに、契約者の間でインターネットを通じたサービスの拡充を求める声が高まっていることが背景にある」と分析している。

1/23/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22775

トラックバック一覧(0)