日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/15/2013 04:36 AM

 バルティ・エアテルは2011年度に通信インフラからの温室効果ガス排出量が前年度比で通信量1テラバイト当たり11%減少したとする報告書を発表した。

 バルティは「提携する企業などと努力を続けてきた結果、グリーン効果ガスを11%削減することに成功した」と成果を強調している。

 報告書はまた、バルティが持つネットワークや営業網を活用して金融教育や健康、その他のサービスに乗り出す構想についても言及。サンジャイ・カプール・インド・東南アジア担当最高経営責任者(CEO)は同構想について、「インドは12億人の人口のうち9億人が携帯電話を保有し、社会の隅々まで浸透している。この国の通信会社は社会を変革するという大きな任務を背負っている」と述べ、実現に向けて意気込みを示した。

1/11/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22678

トラックバック一覧(0)