日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/18/2012 06:38 PM

 首都デリーを走る都市高速鉄道(デリー・メトロ)が開通してから間もなく10年。同鉄道が現在もデリー市民の間で高く評価されていることが、調査会社マーケット・エクセルが実施した調査で分かった。

 11月21-26日にかけて、デリー市民5,000人を対象にデリー・メトロに対する意見を聞いた。

 それによると、デリー・メトロについて全体の65%が「ほかの交通手段より高速」と回答。34%が「デリー・メトロを利用することで大幅に時間を節約できる」と答えた。座席の乗り心地を「快適」とした回答は60%以上に達した。

 また、90%が「駅や車内のアナウンスが正確」と評価。このほか、広範な地域をカバーしている点や4両編成から6両編成への移行、利用者に対する職員の対応、時間に正確な運転、女性専用車両の導入なども高い評価を得た。

 一方、改善を望む点について聞いた質問では、「女性専用車両に男性客が乗車している」「駅や車内のアナウンスで、より多くの情報を提供してほしい」「女性からの相談には女性職員が対応してほしい」「警備員の数を増やしてほしい」といった意見が寄せられた。

 開業当初は8キロメートルだった同メトロの総延長距離は現在、約200キロメートルにまで伸張。1日の利用者数は200万人に達している。

12/16/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22551

トラックバック一覧(0)