日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/12/2012 08:41 PM

 パナソニックは12日、ハリヤナ州ジャジャール地区に建設した新工場の開所式を開催した。

 同工場は環境への配慮を重視した「エコアイディア工場」。同社は日本やチェコでエコアイディア工場を運営するが、インドに設立するのは今回が初めて。

 敷地面積は30万7,000平方メートル。内部には下水処理施設や雨水貯留タンク、リサイクルセンターを設置した。また、日光を取り入れる屋根やLEDランプ、太陽光パネルなどによって照明に消費する電力を抑える。さらに、稼働当初の段階から廃棄物の再生利用に取り組む方針を打ち出している。

 工場内での取り組みに加え、工場周辺に住む地域住民の環境保護に対する意識を高める考え。このほか、地元の雇用改善や経済発展に寄与することも期待されている。

 当初の年間生産能力はエアコンが100万台、洗濯機を40万台、溶接機2万5,000台。将来的には製造する製品を拡充することも視野に入れている。

12/10/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22514

トラックバック一覧(0)