日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/05/2012 10:48 PM

 米アップルはインドで映画や音楽の配信、アプリの提供を行うサービス「iTunes Store(アイチューンズ・ストア)」を開始した。

 ユーザーは国内の音楽や映画だけでなく、海外の作品も購入することができる。

 価格はシングルが7-15ルピー、アルバムは72-150ルピー。映画は購入するほかにレンタルも可能。購入する場合、価格は190-490ルピー、レンタルは80-120ルピーとなっている。一部の作品については標準画質か高精細画質のいずれかを選択できる。インドの音楽や映画の数はまだ少ないが、アップルは近くラインアップを拡充する方針だ。

 アップルはまた、クラウド技術を活用した新サービス「iTunes Match(アイチューンズ・マッチ)」の提供を始めた。同サービスでは、これまではパソコンに保存していた音楽ファイルをクラウド上に保存できる。これによりいつでも好きな時に音楽を聴くことができる。アイチューンズ・ストア以外のサイトなどで購入した曲も保存できる点が特徴。年間使用料は1,200ルピー。

 インドでは海賊版が横行しているが、それでも世界2位の人口を抱える同国はコンテンツ産業にとり巨大な市場。ある統計によると、2011年にインド国内で携帯端末からダウンロードされた楽曲数は1億5,000万曲に達したという。

12/4/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22466

トラックバック一覧(0)