日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/18/2012 07:03 PM

 タタ・モーターズは超低価格車「Nano(ナノ)」の販売強化に向けた取り組みを進めている。 

 タタ・グループのラタン・タタ会長は取材に対し、「販売当初はナノの市場への浸透に向けた準備が不足していた」と振り返った。

 具体的な例として、ナノの生産に特化した専用工場の建設場所が変更になったこと、販促キャンペーンや販売代理店網の構築が十分でなかった点などを挙げた。

 タタは2008年の国際モーターショー「デリー・オート・エキスポ」でナノを初めて公開した。その後、西ベンガル州シングールでナノの専用工場の建設に着手したものの、同社の用地の取得方法をめぐり地元農民から強い反発にあい、完工を断念。代わりにグジャラート州サナンドでの建設を決定した。タタはサナンド工場が完成するまでの間、パントナガール工場(ウッタルプラデシュ州)で生産する方針を決め、最終的に09年7月に納車にこぎつけた。サナンド工場はその後、10年6月に稼働している。

 発売当初は11万2,735ルピーで販売していたが、現在の価格は15万5,000-21万6,000ルピー。

 これまでの累計販売台数は約22万台。11年度の販売台数は前年度比5.8%増となる7万4,521台だった。 

 今年11月の販売台数は3,503台と、6,401台だった前年同月から約45.3%の大幅減となったものの、4-11月の合計販売台数は4万7,130台で前年同期の3万9,646台から約18.9%の増加している。昨年度に内陸部を舞台に低コストで建設できる販売代理店の設置を進めたことが業績を押し上げることにつながった。現在はインド国内に加え、ネパールやスリランカへも輸出している。国内市場では今後、地方を重点的に開拓する方針(タタ氏)だ。

12/16/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22559

トラックバック一覧(0)