日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/04/2012 11:08 PM

 2012年度の国内企業の昇給率は平均で11%となり、昨年度の12-13%をやや下回る見通しであることが分かった。

 求人サイト「MyHiringClub.com(マイ・ハイヤリング・クラブ・ドット・コム)」が企業幹部2,400人、従業員1万4,500人を対象に実施した調査によるもの。世界経済の減速や長引くインフレ、金利の高止まりなどが影響するとしている。

 「昇給を実施する」と答えた企業幹部は84%で、昨年度と比べて3ポイント減少した。

 業界ごとの昇給率では、小売が13%、日用品、耐久消費財が12%と予測、平均を上回るとした。以下、IT(情報技術)関連、金融、繊維が11%、不動産、自動車、製薬、建設の各業界が10%。通信、エンジニアリング、製造は8%、航空は7%と平均を大幅に下回るとの見通しを示した。

12/2/2012   
 


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22454

トラックバック一覧(0)