日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/14/2012 01:33 AM

 商用車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)の小型スポーツ多目的車「クアント(Quanto)」の受注台数が発売から2カ月足らずで1万台を突破した。

 好調な販売を受けて、同社ではナシク工場の生産能力を来年1月に日産2,500台から3,500台に増強する方針。

 クアントはM&Mによる初の小型SUVで、価格は58万2,000-73万6,000ルピー。全長を4メートル以下に抑え、通勤や余暇のドライブなど多様な用途に対応するのが特徴。高級ハッチバックの購入を検討しているユーザーを主要な顧客層に想定している。

 プラビン・シャー自動車部門担当社長は「クアントはSUVにこれまでになかった新たなカテゴリーとなる車種になると確信している」と語った。

 M&Mの4-10月の販売台数は前年同期比15-20%増の約15万8,000台となり、メーカー別シェアでタタ・モーターズを抜き国内3位に浮上している。

11/12/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22320

トラックバック一覧(0)