日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/20/2012 09:15 PM

 オムロンのインド子会社で健康器具の販売を手がけるオムロン・ヘルスケア・インディア(ハリヤナ州グルガオン)は2015年度までに年間売上高4,300万米ドルを目指す方針を明らかにした。

 オムロン・ヘルスケアは血圧計や体脂肪計、体温計、万歩計、噴霧器など医療機関向けや家庭向けの医療機器、健康器具の販売を手がけており、現在の売上高は1,400万米ドル。

 目標の達成に向けて、同社は自社製品を取り扱う店舗の数を現在の1万5,000店から3万3,900店に引き上げる。また、新製品を投入し、ラインアップの拡充を図る計画だ。

 同社はこれまで、主に大都市圏で事業を展開していたが、今後は地方の中核都市で市場開拓を進める方針。

 製品は従来、シンガポールを経由してインドに輸入していたが、13年5月をめどに、日本と中国、ベトナムにある親会社オムロンの工場から直輸入する形に切り替えることを計画中。

 さらに、医療機関との取引を拡大させたい意向で、現在、アポロ・ホスピタルズやフォルティス・ヘルスケアなど大手病院チェーンと協議を進めている。

11/19/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22370

トラックバック一覧(0)