日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/31/2012 07:19 PM

 フォード・モーターのインド法人、フォード・インディアは、本国米国などで運営する顧客サービスセンター「Quick Lane(クイック・レーン)」のインド1号店をカルナタカ州バンガロールに開設した。

 予約無しで来店できるのが特徴で、多忙でまとまった時間を取れないユーザーを対象に迅速なサービスを提供する。インドでは購入する自動車を決める際、購入後のアフターサービスを重視する人が増えていることに対応した。

 店内にはフォードが社内で養成した技術者を配置。利用者は日常的なメンテナンス、オイルやフィルターの交換に加え、ブレーキ、タイヤ、サスペンションシステム、排気システムなどの修理といったサービスを受けられる。

  店内の広さは約930平方メートルで、1日35台の車両に対応する。店員が修理などを行っている間、利用者が無線LANを使ってインターネットを利用でき る、エアコンを完備したスペースも用意した。また、平日だけでなく、土曜日も営業するなど顧客の利便性向上に向けて最大限の配慮を行っている。

  さらに、急ぎの点検や修理だけでなく、店内のアドバイザーに自分の車の状態などについて相談する目的での来店にも対応する。フォード・インディアのウマ シャンカール・カスタマーサービス担当副社長は「クイック・レーンで顧客に効率的かつ高水準なサービスを提供したい」と意気込みを語った。

10/29/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22225

トラックバック一覧(0)