日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/25/2012 07:59 PM

 サムスンは、2013年中に超高精細テレビをインドで発売する。

 同社が開発した、画素数が現行フルハイビジョンテレビの4倍の830万画素(3840x2160)からなる、極めて高精細な画質を表示できる技術を採用する。

 サムスンは同テレビを世界各国で発売する計画を表明しているが、インドへの投入は他国の後になる見通し。価格や画面サイズなどは明らかにしていない。製品は韓国から輸入し、国内で販売する。

 サムスン・インディアは23日、LEDテレビの新製品「75ES9000」を発売した。価格は75万ルピーで、祭事シーズン期間中を含め今後6カ月-1年で1,000台の販売を目指す。今年の薄型テレビの販売目標は150万台。このうち8割をLEDテレビが占めるとみている。

 祭事シーズン期間中は15億ルピーを投じて販促活動を展開。45万台の薄型テレビを含め家電事業で300億ルピーの売り上げを目指す。  

 サムスン・インディアの昨年の売上高は2,000億ルピー。このうち1,000億ルピーを家電製品で稼いだ。今年の業績については、前年から40-45%引き上げる計画だ。

10/23/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22181

トラックバック一覧(0)