日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/18/2012 09:10 PM

 サントリーと地場の食品・飲料大手ナラン・グループ(マハラシュトラ州ムンバイ)の合弁会社サントリー・ナラン(同)と、英食品大手アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)傘下の紅茶大手トワイニングスのインド法人トワイニングス・インディア(ハリヤナ州グルガオン)は16日、業務提携すると発表した。

 両者の合意内容によると、トワイニングス・インディアは自社の販売チームおよび同社が提携する流通業者の持つ機能をサントリー・ナランと統合。両社が持つ広範な販売網を活用してトワイニングスの紅茶製品、サントリー・ナランが展開するコーヒーやチョコレートなど高価格帯商品の流通・販売強化に取り組む。

 トワイニングス・インディアのイアン・ゴウレット社長は「サントリー・ナランとの提携を通じて当社が掲げる成長目標を達成できると確信している」とする声明を発表した。

 サントリー・ナランはサントリーのグループ企業、サントリー食品インターナショナル(東京・港)の100%出資子会社であるサントリー食品アジア(シンガポール)とナラン・グループが設立・運営する合弁会社。

10/16/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22130

トラックバック一覧(0)