日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/17/2012 01:25 AM

商用車大手アイシャ・モーターズの二輪子会社ロイヤル・エンフィールド(タミルナド州チェンナイ)が好調な販売を維持している。

2011年度の販売台数は7万8,500台を記録。今年度第2四半期(7-9月)は市場全体が4%減と落ち込むなか、44%の成長を達成した。

ロイヤルが発売するバイクの価格は10万ルピー以上のモデルが大半を占める。国内のバイクの平均価格5万-6万ルピーのほぼ倍に当たるにもかかわらず、大幅に業績を伸ばしている。

先週にはフルモデルチェンジした「Thunderbird(サンダーバード)」を発表。全国237カ所のショールームで予約の受け付けを開始した。

価格は350ccエンジンを搭載するモデルが14万3,000ルピー、500ccのタイプが18万2,000ルピー。車体のカラーはブラックのみだが、同社では月間1,000台超の販売を目指す。

ロイヤルは現在、サンダーバードのほかに「Classic(クラシック)」と「Bullet(ブレット)」の3つのシリーズを展開する。中でもクラシックシリーズはユーザーから最も高い支持を集めており、「クラシック350」(13万2,000ルピー)は納車まで8カ月-1年程度かかる見通しだ。

10/12/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22115

トラックバック一覧(0)