日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/11/2012 12:42 AM

インド政府は、空港インフラの拡充に乗り出す。

アジット・シン民間航空相はこのほど、国内10-15カ所に新空港を建設する計画を明らかにした。このほか、既存の約50空港についても今後2年をかけて改修を進める。航空需要が急増していることが要因。

空港の建設や改修工事は国の直轄事業として行うほか、民間企業への委託、合弁事業、官民共同事業など多様な方式を採用して実施する。

民間航空会社の売上高は近年、年率9%のペースで増加を続けている。シン氏は「今後数年間は2桁の成長を記録する可能性がある」との見通しを示し、理由として貿易量の増加とそれに伴う経済成長、中間層の拡大などを挙げた。

このところ経済が減速傾向にある点についても「短期的に景気が低迷することはあっても航空需要は今後も力強い成長を続ける」との認識を示した。

10/8/2012
 


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22071

トラックバック一覧(0)