日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/05/2012 12:01 AM

オランダの家電大手ロイヤル・フィリップス・エレクトロニクスの医療機器部門フィリップス・ヘルスケアのインド法人、フィリップス・ヘルスケア・インディアは、地方のニーズに合った医療機器の販売に力を入れる。

中小都市ではこのところ、大手病院が相次いで病院を開設しており、需要が見込めると判断した。

地方では近年、中小都市を中心に医療に対する需要が高まっている。これを受けて、アポロ・ホスピタルやフォルティス・ヘルスケアなど大手病院チェーンは地方への進出を加速し、50-200床の病院を相次いで開業している。

フィリップスはこれら病院チェーンを対象に、低価格帯の医療機器を売り込む。価格を抑えることで、病院が保有する医療機器の拡充を促し、間接的に地方の患者を支援する。

フィリップス・ヘルスケア・インディアの売上高は前年比30%のペースで増加を続けている。地方の医療機関への販売強化を通じてさらなる成長を目指す。

10/3/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22044

トラックバック一覧(0)