日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/16/2012 09:20 AM

コンサルティング大手テクノパック・アドバイザーズは国内のインターネット通販市場について、2021年までに760億米ドル規模に達するとの予測を発表した。

また、これにより新たに100万人の雇用が創出されるとの見通しを示した。現在の市場規模は7億米ドル、就労人数は約1万1,000人。

テクノパックはネット通販業界が急成長を遂げる最大の理由として、不動産コストがかからず、事業を始めやすい点を指摘。このほか、ブロードバンドインターネットサービスの加入者数増加や価格の下落に伴うスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)、タブレット(多機能携帯端末)の普及促進などを列挙。

加えて、多忙で一般の店舗に行く時間が取れないなど、インド人の生活様式の変化が市場の成長を後押しすると分析している。


10/12/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22102

トラックバック一覧(0)