日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/29/2012 07:15 PM

 キヤノンはインドでインクジェットプリンター事業を強化する。

 深井秀明インクジェットプリンター事業企画統括部門部門長は26日、「技術革新と新商品の積極的な投入を通じて、15年をめどにインドのインクジェットプリンター市場でナンバーワン企業になることを目指す」とする声明を発表した。

 キヤノン・インディアのアロク・バラドワジ上級副社長によると、同社の7-9月期の国内インクジェットプリンター市場におけるシェアは22%。同氏は「13年中に25%に高め、15年にはマーケットリーダーとしての地位を確立する」との目標を表明した。

 キヤノンは同日、海外で展開するインクジェットプリンター「PIXMA(ピクスマ、日本名・PIXUS=ピクサス)」用の統合アプリケーション「My Image Garden(マイ・イメージ・ガーデン)」の供給をインドで開始。同ソフトは写真やカレンダー、シール、レーベルなどのプリント、写真、文書のスキャン、画像の編集やPDF作成などを簡単に行うことができる点が特徴だ。

 深井氏は同ソフトについて「多くのユーザーはプリンターを単に文書を印刷するだけのツールにとどまらず、さまざまな用途で活用したいと考えている。マイ・イメージ・ガーデンはそうしたユーザーのニーズに応えるソフト」と強調した。

10/26/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22201

トラックバック一覧(0)