日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/01/2012 11:29 PM

 米コーヒーチェーン大手スターバックスは、10月末をめどにマハラシュトラ州ムンバイ南部にインド1号店を開業する。

 その後も複数の店舗をムンバイに出店する計画。当初の出店が、予定は大幅にずれ込んでいる。

 スターバックスは今年1月末にタタ・グループ傘下の大手飲料メーカー、タタ・グローバル・ビバレッジズ(TGB)と折半出資の合弁会社「タタ・スターバックス」を設立。8-9月に最初の店舗をデリーとムンバイにオープン、年内に50店を出店する計画だった。

 この日は最初の店舗の開業後、複数の店舗をムンバイに出店し、首都デリーへの出店は来年初めに延期する方針も併せて発表された。デリー進出前にムンバイに開設する店舗数は明らかにしていない。

 スターバックスの中国法人スターバックス・チャイナのジョン・カルバー社長は報道陣を前に「最適な方法で進出するためタタと準備を進めてきた。予定が遅れたとは考えていない」と述べた。

9/28/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22015

トラックバック一覧(0)