日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/02/2012 07:10 PM

 自動車部品大手パイオラックス(横浜市保土ヶ谷区)のインド法人、パイオラックス・インディア(アンドラプラシュ州チットゥール地区)は、複合都市「スリ・シティー」(同)内に建設した工場で業務を開始した。

 近く操業に入り、新規に200人を採用する予定。

 スリ・シティーはタミルナド州チェンナイから北へ約55キロメートル先の地点にあるアンドラプラデシュ州のチットゥール地区とネロール地区にまたがる複合都市。面積は約100キロ平方キロメートル。工業団地以外に今後、ビジネス地区や住宅、学校、商業・娯楽施設、警察署、消防署などを整備し、一大生活圏を形成する計画。

 工業団地ではこれまでに23カ国・地域から約80の企業が進出している。業種は自動車、エンジニアリング、物流、宇宙工学、電子、バイオテクノロジー、製薬、IT(情報技術)、再生可能エネルギーなど広範囲にわたる。

 パイオラックスは自動車部品の世界的大手。主にコイルばねや薄板ばね、ワイヤフォーム、金属および合成樹脂ファスナ、ユニット機構部品の製造販売を手がける。インド以外にも米国、英国、タイ、中国に工場を構える。同社のほかにも現在、9社の日系企業が同工業団地内で工場を建設する計画を進めている。

8/29/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21817

トラックバック一覧(0)