日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/15/2012 08:25 PM

 複合映画館運営大手PVRは、同社が運営するボウリング場「ブルー・オー(BLUE-O)」の出店を加速する。

 ブルー・オーは現在、デリー首都圏に2店、カルナタカ州バンガロールに1店の計3店がを展開。今後3年間でマハラシュトラ州プネ、ムンバイ、ウッタルプラデシュ州ノイダ、パンジャブ州ルディアナ、連邦直轄地チャンディーガルなど8カ所に新たなボウリング場を設置する計画だ。同社は先日、イメージキャラクターに米国の女優でモデル、ナルギス・ファクリ氏を起用すると発表した。

 ブルー・オーはPVRとタイの同業メジャー・シネプレックス・グループとの合弁事業。出資比率はPVRが51%、メジャーが49%となっている。両社はボウリング場のほかにも、モール内の娯楽施設事業での提携関係を強化する方針だ。

8/13/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21692

トラックバック一覧(0)