日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/28/2012 01:40 AM

 通販サイト、イーベイ(eBay)インディアが集計した第1四半期(4-6月)のエレクトロニクス製品のメーカー別売上高で、サムスンが21%を獲得し、トップとなったことが分かった。

 イーベイは「ノートパソコン」「デジタルカメラ」「携帯電話」「テレビ」の4つの商品分野について、メーカー別の売上高を集計した。  

 サムスンは携帯電話とテレビでトップのシェアを獲得。デジタルカメラではキヤノン、ノートパソコンではアップルがそれぞれ首位となった。

 地域別では地方からの利用の増加が目立った。同地域からの売上高は2011年度第4四半期(1-3月)から21%増加し、売上高全体に地方が占める比率は52%と、過半数を超えた。

 都市別ではファリダバード(ハリヤナ州)、ガジアバード(ウッタルプラデシュ州)、スーラト、バドダラ(以上グジャラート州)、ティルバナンサプラム、コーチ(以上ケララ州)、コインバートル、マドゥライ(タミルナド州)などの地方都市が上位20位以内に入った。

8/24/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21774

トラックバック一覧(0)