日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/22/2012 08:56 PM

 ヤマハ発動機のインド法人、インディア・ヤマハ・モーターは20日、全国で販売代理店の数を大幅に増やす方針を明らかにした。

 今後2カ月で二輪車需要が高まっている中小都市を中心に約50の販売店を開設する。

 インディア・ヤマハは現在、全国に約400の代理店を持つ。同日にはマハラシュトラ州プネで2つの代理店を開業。さらに2週間後には同州ムンバイやナシークなどで計4店のオープンを予定している。

 インディア・ヤマハの主力は高級バイク。同社はマハラシュトラ州の高級バイク市場で18%のシェアを抑えており、同社の重要市場の1つとなっている。マハラシュトラ州での相次ぐ代理店の開設はインディア・ヤマハの同州重視の表れともいえる。同社では今後も全国で代理店開設を積極的に進め、2018年をめどに2,000店にまで増やす計画だ。 

 インディア・ヤマハは代理店の増強を通じてスクーター市場での需要取り込みを目指す狙いだ。同社は9月にスクーター「レイ(Ray)」の発売を予定している。主要な顧客層として都市部の若い女性を想定。初年度は40万台の販売を目指す。

8/21/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21746

トラックバック一覧(0)