日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/13/2012 09:41 PM

 トヨタの子会社で、総合サービスソリューション企業のトヨタエンタプライズ(名古屋市中村区、TEP)はこのほど、カルナタカ州バンガロールにインド現地法人、トヨタエンタプライズ・インディア(TEPインディア)を設立した。

 トヨタエンタプライズが海外に現地子会社を設けるのは初めて。

 インド法人はバンガロールの4つ星ホテル「ザ・チャンセリー・ホテル」内に設立した。インドでの最初の案件として、同ホテルを運営するハヤグリーバ・ホテルズ&リゾーツと業務提携契約を締結。2013年1月より、チャンセリーの客室やレストラン、大浴場、スパなどの施設を対象に、出張者や現地の駐在員など日本人利用者が快適に過ごせるよう、改装プランの立案やサービスの企画、品質管理、マーケティング、日本文化に関する知識の提供などを行う。

 具体的には全室へのシャワー・トイレの設置、ビジネス客の利用に対応した照明や大型デスク、インターネット回線の導入、日本製の電気製品をそのまま使えるマルチコンセントの設置、日本語の話せるコンシェルジュや日本人スタッフの配置、日本人シェフが常駐する日本食レストランの開業、日本語の案内表示の設置、日本式大浴場の設置などを検討している。

 TEPはトヨタの100%出資子会社で、セキュリティーサービスや清掃、設備管理、寮・社宅管理、レストラン・宿泊・保養施設運営など多様なサービスを展開している。

8/9/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21673

トラックバック一覧(0)