日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/13/2012 01:18 AM

 バジャジ・オートは9日、川崎重工業のバイク「ニンジャ650(Ninja650、650cc)」を発売した。

 デリーでの販売価格は49万9,834ルピー。川崎重工とバジャジは技術・販売の両面で提携関係にある。

 半製品状態の部品を輸入し、バジャジのチャカン工場(マハラシュトラ州)で組み立てるセミノックダウン方式を採用する。今週から予約の受け付けを開始し、3-4週間後をめどに納車を始める計画。

 2009年の販売開始以来、バジャジを通じた「ニンジャ」ブランドのバイクの国内累計販売台数は約3,000台に達した。バジャジが販売する川崎重工の高級スポーツバイクは「ニンジャ250R(Ninja 250R)」、インドと欧州市場で販売する「KTM200デューク(KTM 200 Duke)」に次いでニンジャ650が3車種目。

 バジャジによると、同社は20万-50万ルピーの価格帯のスポーツバイク市場で65%のシェアを獲得している。 

8/9/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21666

トラックバック一覧(0)