日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/03/2012 03:02 AM

 英小売大手テスコと地場のハイパーマーケットチェーン、スター・バサールが提携関係の強化を進めている。

 テスコがスターに小売に関するノウハウの提供や技術支援を行うことで合意したのが今から4年前。今では台所用石けんやシェービングフォームなどテスコのプライベートブランド(PB=自主企画)商品がスター店内に並ぶほか、通路の広さから店内の設計に至るまで、スターはテスコの店舗スタイルを踏襲している。テスコのポイントカードをスターでそのまま使用することも可能だ。

 テスコとの提携以来、スターが取り扱う品目数はそれまでと比べて4倍以上の規模に拡大した。

 商品はテスコが香港に持つ、世界中の店舗に商品を供給する物流拠点から調達している。地理的に近い香港から商品を仕入れることにより価格競争力を高めることに成功。ヘルスケアやパーソナルケア製品は59-349ルピー、タオルは99ルピーと他店を下回る価格で販売している。

 スター店内で販売するテスコのPB商品は現時点で低価格品から高級品まで200種類以上に達している。テスコは2-3年後をめどに400種類にまで増やす計画だ。

8/1/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21604

トラックバック一覧(0)