日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/01/2012 04:42 AM

 日本生命は同社が出資する地場の保険大手、リライアンス・ライフ・インシュランス(マハラシュトラ州ムンバイ)を通じ、既存顧客へのサービス強化に乗り出す。

 外交員が定期的に顧客の自宅を訪問し、新たな商品などについて説明するという日本で行っている営業活動を、インドでも展開する。顧客満足度の向上や新規顧客の開拓につなげたい考えだ。

 筒井義信社長は「顧客サービスは日本でも事業の中核を構成する要素。日本でこれまで蓄積してきたノウハウをリライアンス・ライフに提供し、インドでも顧客重視の姿勢を打ち出していく」との意向を表明した。

 インドでは日用品や家電などの業界ではアフターサービスの普及が進んでいるものの、保険業界の取り組みは遅れている。保険会社は契約前の段階では積極的に情報やアドバイスを提供するが、いったん契約を締結すると、その後は「顧客の判断まかせ」となっているのが実情だ。

 リライアンス・ライフはリライアンス・グループ傘下の金融サービス子会社リライアンス・キャピタルの保険事業部門。日生は2011年10月に同社の株式26%を取得した。

7/29/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21587

トラックバック一覧(0)