日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/01/2012 04:31 AM

 インドの靴市場が急成長をみせている。

 インド合同商工会議所(ASSOCHAM)の調査によると、現在の市場規模は約2,360億ルピー。今後も年率15%のペースで成長を続け、15年には3,870億ルピーに達する見通しだ。

 商品の種類別構成比では男性用靴が1,580億ルピーと約60%を占め、年率10%増のペースで販売増加を続けている。女性用靴は約790億ルピー。市場に占める割合は約30%と男性ものの半分の規模だが、伸び率は20%で男性用靴の2倍の勢いで成長が続いている。

 1人当たりの靴の年間購入数をみると、1.1足だった11年から、今年は2.5足に増えることが予想されている。コンサルティング企業のテクノバ・インディアによると、女性は毎月1足、男性は3カ月に1足のペースでブランド品の靴を購入しているという。

 需要の拡大に伴い供給量も伸びている。靴の国内生産量は年間30億足に上り、世界全体の15%を占める一大産業に成長した。

 これまではファッション感度の高い層の間でも靴への関心は低かったが、最近では英国のジミーチュウ(Jimmy Choo)やフランスのロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier )など海外の高級ブランド靴の販売が増加。売上高は年40億ルピー規模に達している。

7/29/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21580

トラックバック一覧(0)