日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/06/2012 03:48 AM

 IBMはインドの小都市で拠点の開設を加速する。

 昨年1年間でマディヤプラデシュ州インドールやアッサム州グワハティ、ウッタラカンド州デラドゥンなど6カ所に設置したが、今後1年間で新たにタミルナド州マドゥライ、同ティルチなど約40カ所に支社を開設する。幅広い拠点網を構築し現地の優れた人材の獲得を目指す。 

 IBMのインド国内の拠点はこれまで大都市に集中していたが、インド市場の開拓を本格的に進めるには地方での拠点設置が不可欠と判断した。

 小都市に設置する支社はサーバーなどのハードウェアやシステム管理ソフトウェア、解析パッケージなどの現地の中小企業向け販売が主な業務となる。各支社には20人程度の人員を配置するとみられる。

8/1/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21615

トラックバック一覧(0)