日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/28/2012 10:56 PM

 保険大手のリライアンス・ライフ・インシュランスは今年度、代理店の数を大幅に増強する。

 中小都市と農村部で2013年3月までに約5,500店を新たに設置する計画。同市場の開拓を進めると同時に、地方の住民の雇用安定に寄与することを目指す。

 報酬は固定給をベースに、成績に応じた出来高払いを組み合わせた給与体系を導入する。インドの保険業界では通常、契約を獲得するごとに支払われる手数料が代理店の従業員の給与の大部分を占める。このため収入は不安定になりがちで、高い離職率の要因となっている。固定給制度を取り入れることで人材の定着を図り、契約者に対するサービスの質の向上を目指す。

 最初の半年間は研修を実施し、代理店業務を行うのに必要な資格取得を支援する。研修期間も給与は支給する。

 代理店は同社が支店を持つ1,200の地域のうち200カ所で募集する。これまでに500人を確保し、約100の支店への配属を完了した。業務開始後、成績優秀者は3年で支店長クラスに昇給させるなど、若者のキャリア形成に向けたサポートにも力を入れる。

 リライアンスは今年度募集する5,500人には固定給制度を導入する一方、既存の代理店経営者については従来通り、手数料を基本とした給与体系を維持する方針を示している。

8/26/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21783

トラックバック一覧(0)