日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/18/2012 10:44 PM

 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は今月に入り若者をターゲットにした新たな販促キャンペーン「Waku Doki(ワクドキ)」を開始した。

 プロクリケット、インディアン・プレミア・リーグ(IPL)ロイヤル・チャレンジャーズ・バンガロールのビラト・コヒル選手をイメージキャラクターに起用。テレビCMや雑誌などの広告、ラジオ、屋外広告、インターネットなどさまざまな媒体を通じてプロモーションを展開し、他社との差別化を図る。

 サンディープ・シン・マーケティング担当副社長はキャンペーンの趣旨について 「感動や興奮、高揚感など国籍や年齢に関係なくすべての人が共有し得る感覚が存在することを訴えたい」と説明した。

 トヨタは日本で、メディアを対象にした同名の試乗会を開催している。

7/16/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21493

トラックバック一覧(0)