日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/02/2012 03:13 AM

 英国の化粧品メーカー、ザ・ボディ・ショップはインド事業の強化に乗り出す。

 ボディ・ショップは2006年に小売大手プラネット・リテールの子会社クエスト・リテールとフランチャイズ契約を結んでインドに進出した。現在国内で専門の販売店を約80店展開するが、これを年内に100店に増やす。

 また第3四半期(10-12月)をめどに、インド市場向けにココナッツオイルを開発、販売する。同社がインド市場に特化した商品を販売するのは初めて。

 さらに、「フェアトレード(公正な貿易)」をコンセプトとする新たな店舗ブランド「パルス」の出店を計画している。同社は社会奉仕活動として途上国支援に積極的に取り組んでいる。パルスではこうした貧しい国や地域から調達した原材料を使って製造した商品を販売する方針だ。

 同社は元々、主に高価格帯の商品を製造・販売していたが、10年にはインド国内での販売価格を最大35%引き下げた。これにより、売上高が前年比で約60%増加したという。

6/27/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21368

トラックバック一覧(0)