日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/29/2012 07:06 PM

 イスラエルの製薬大手テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(TPI)は、米日用品大手プロクター&ギャンブル(P&G)との合弁事業を通じ、インドに進出する。

 合弁会社「P&Gテバ」を設立するほか、グジャラート州サナンドに市販薬品を製造する工場を設立する。グジャラート食品医薬品規制管理委員会が明らかにした。

 TPIはニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場するジェネリック(後発医薬品)の世界最大手。世界約60カ国・地域に拠点を構え、100カ国・地域で製品を販売している。

 既に建設に必要な約6万平方メートルの用地の取得を済ませている。工場への初期投資額は25億ルピーを見込んでおり、これを含め両社が合弁事業に投じる資金は約50億ルピー。工場は当初500人体制で生産を開始し、将来的に1,000人まで増やす。

 工場内には2つのラインを設ける予定。このうち1つはインドの伝統医学であるアーユルベーダに関連した製品を製造する。製品は国内での販売に加え、海外にも輸出する計画だ。

7/26/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21562

トラックバック一覧(0)