日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/12/2012 09:31 PM

 全日本空輸(ANA)は10日、10月28日から成田-デリー線を開設すると発表した。

 成田空港と首都デリーのインディラ・ガンジー国際空港を結ぶ。アジア市場の開拓に向けた戦略の一環。アジアと北米を結ぶ直通便が少ないことから、成田を経由して北米と結ぶことで需要の取り込みを目指す。

 インドと日本を結ぶ便は現在、成田-ムンバイ(マハラシュトラ州)線のみ。

 ANAは「成長が見込まれるアジア路線の拡充に加え、成田を経由してアジアと北米を結ぶ形での路線展開を推し進める」とする声明を発表した。

 成田-デリー線の航空券の予約は12日から開始している。使用する機材は「ボーイング767-300ER(ビジネスクラス35席、エコノミークラス167席)」。

 就航を記念して、エコノミークラスの割引運賃「エコ割デリースペシャル」(往復5万7,400円)を12日から9月30日までの期間限定で発売する。利用期間は10月28日から13年3月31日まで。

 ANAは世界第9位の航空会社。2011年の利用者数は4,300万人、年間売上高は170億米ドルとなっている。

7/11/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21458

トラックバック一覧(0)