日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/11/2012 09:51 PM

 米経済誌フォーチュンが発表した今年の世界企業500社番付で、インドからは昨年と同じ顔ぶれの8社がランクインした。このうち5社が国営企業という結果だった。

 100位以内には、インド石油公社(IOC、83位)とリライアンス・インダストリーズ(RIL、99位)の2社が入った。インド企業でトップとなったIOCは売上高860億1,600万米ドルで、昨年の99位から16ランクアップとなった。売上高が761億9,000万米ドルだったRILも昨年の134位から大幅に順位を伸ばし、インドの民間企業として初めて上位100社に名を連ねた。

 2社以外のインド企業はバーラト・ペトローリアムが225位(445億8,200万米ドル)、ヒンドゥスタン・ペトローリアムが267位(388億8,500万米ドル)、ステート・ バンク・オブ・インディア(SBI)が285位(369億5,000万米ドル)、タタ・モーターズが314位(345億7,500万米ドル)、インド石油天然ガス公社(ONGC)が357位(307億4,600万米ドル)、タタ・スチールが401位(277億3,900万米ドル)の順。

 全体の首位は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルで4,844億8,900万米ドル。2位は米エクソン・モービル(4,529億2,600万米ドル)、3位は昨年まで2年連続首位だった米ウォルマート(4,469億5,000万米ドル)だった。

7/10/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21444

トラックバック一覧(0)