日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/12/2012 09:40 PM

 アウディがインドで好調な販売を維持している。

 6月の販売台数は759台を記録。ドイツの自動車メーカーとしてこれまで3年にわたりインド市場でトップの座を守ってきたBMWの750台を上回り、首位に躍り出た。小型SUV(スポーツ多目的車)「Q3」や高級セダン「A6」、高級ハッチバック「A7」などが順調に販売を伸ばしているほか、インターネットを活用して若いファンの獲得に努めたことなどが寄与したとみられる。

 アウディの当初の戦略ではBMWを抜く時期を2013年に設定していたが、予定を前倒しして目標を達成した格好だ。

 第1四半期(4-6月)のメーカー別販売台数でもアウディとBMWの差は大きく縮まった。BMWの同期の販売台数は2,088台と、これまで通り首位の座を維持したものの、前年同期との比較では12%の減少となった。これに対し、アウディは52%増の1,908台を販売。アウディはBMWに後180台というところまで迫っている。

 ソーシャルメディアを通じて若いユーザーの需要掘り起こしを目指すマーケティングも、販売増加に貢献している。交流サイト「フェイスブック」で獲得した同社のファンはこれまでに80万4,000人に達している。

7/11/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21461

トラックバック一覧(0)