日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/19/2012 02:14 AM

 キヤノンはインドでデジタルシネマ専用カメラの発売を検討している。

 年内にも「EOS C300」を発売する計画で、現在市場調査を進めている。実現すればキヤノンがインド市場に投入する初の映画撮影用カメラとなる。ボリウッドなど映画業界を中心に売り込みを図る。

 EOS C300は高精細映像の撮影機能を搭載し、片手で持ち運ぶべるのが特徴。インドで現在流通する映画撮影用カメラはレンズの交換に対応していないが、C300は60種類のレンズとの組み合わせが可能だ。既に米ハリウッドの製作現場でも導入されている。インドでの販売価格は110万ルピー程度になる見通し。

 最近のルピー安によりカメラを除く事業では同社の収益は悪化している。このため同社は先ごろ、レーザープリンターやインクジェットプリンター、コピー機などについて、販売価格を5%引き上げている。

6/15/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21259

トラックバック一覧(0)