日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/10/2012 11:37 PM

 米大手ライターメーカーのジッポーは今年10月にマハラシュトラ州ムンバイ・コラバ地区にコンセプトストアを開業する。

 店舗面積は約74-93平方メートルで、ライターのほかにも香水や時計、ペン、アパレル商品、アウトドアグッズなどを販売する。内装などは本国の米国や世界各国で同社が展開する既存のコンセプトストアのスタイルを踏襲するとみられる。 

 ジッポーは2008年にインドに参入。着実に売上高を伸ばしており、今後5年間で国内の売上高は現在の水準から2倍に増えると予想されている。

 現在は大手小売チェーンの店内にテナントとして入居する形で商品を販売するほか、全国200カ所以上の小売店や空港の売店、ショッピングセンターなどでも販売されている。

 ジッポーは世界戦略の中でインドを最重要市場と位置付けており、今後も同国での事業拡大に注力する考えだ。

6/6/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21203

トラックバック一覧(0)