日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/06/2012 09:35 PM

 首都デリーの都市高速鉄道(デリー・メトロ)を運営するデリー・メトロ鉄道公社(DMRC)は同鉄道システムに太陽光発電システムを導入する方針を固めた。

 第1弾として、デリー政府と共同でカルカルドゥーマ-ノイダ・セクター21区間の駅とヤムナ・バンク駅に太陽光パネルを設置する。

 効果が見込めると判断すれば、今後建設を予定する「フェーズ3」の区間に設置する駅にも取り付ける方針だ。

 DMRCは環境保護の取り組みに力を入れており、今後、幹部を対象に環境保護に関する啓発教育や日常の運航業務で環境への負荷の低減に向けた施策などを実施することを計画している。

6/5/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21185

トラックバック一覧(0)