日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/04/2012 01:23 AM

 トヨタは5月30日、インドで金融サービス事業を開始すると発表した。

 グループの金融事業を統括する持ち株会社、トヨタ・ファイナンシャル・サービス(TFS)の100%出資子会社、トヨタ・ファイナンシャル・サービス・インディア(TFSIN、カルナタカ州バンガロール)を通じ、5日からトヨタ車の購入者を対象に個人向け融資を提供する。

 業務はまずデリー首都圏とバンガロールの代理店5店で始め、今年度中にほかの主要都市にも広げる方針だ。初期投資額は26億ルピー。金利は他社と同じ12-12.5%の水準に設定する。

 TFSが海外で金融サービスを提供するのはインドが34カ国目。

 TFSの平野英治取締役は「インドの自動車販売台数は15年には年間400万台に達することが見込まれる。今が参入すべき時と判断した」と述べた。

5/30/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21157

トラックバック一覧(0)