日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/04/2012 12:53 AM

 スイスの靴小売大手バタ・シューズのインド法人、バタ・インディアは、若者をターゲットにした新店舗「フット・イン」を設立する。

 15-25歳の若年層を対象に、低価格の靴やアクセサリーを販売する。2015年までに100店舗を開業する計画だ。総事業費は4億5,000万ルピーを見込む。

 商品の価格は1点399-599ルピーと低めに設定する。店舗面積は約93平方メートル(1,000平方フィート)。若者を意識した設計や内装を取り入れ、既存の「バタ」と差別化を図る。

 本格的な展開を前に、現在試験店舗4店を運営している。ラジーブ・ゴパラクリシュナン社長によると、週に700-800足が売れており「反応は上々」という。

 既存のバタの店舗数も年内に130-140店増やす。国内店舗数は現在1,250店。売上増加に向けた既存店の大型店への改装計画も年内に完了する見通しだ。

 製造面では、今後3年間で4億5,000万ルピーをかけて自社工場の能力増強と設備の刷新に取り組む。また、今後は他社への生産委託も強化する方針で、将来的には販売する商品の5割程度を他社から調達する考えだ。

5/31/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21150

トラックバック一覧(0)