日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/01/2012 12:21 AM

 オランダの家電大手フィリップス・エレクトロニクスのインド法人、フィリップス・インディアは、少量の油でフライを作れる調理器「エアー・フライヤー」をデリー、マハラシュトラ州ムンバイ、カルナタカ州バンガロール、アンドラプラデシュ州ハイデラバード、マディヤプラデシュ州インドールで発売した。

 エアー・フライヤーは通常の調理方法と比べて80%少ない量の油でフライを作れる調理機器。マイクロ波を利用する電子レンジと異なり、熱風だけで調理できるのが特徴だ。価格は1万4,995ルピーで、各地の大手家電量販店などで販売する。

 インドの調理用器具市場は250億ルピー規模。フィリップス・インディアによると同社は現在、同市場で25%のシェアを握る。

 ただ、発売する商品の20-25%程度を海外から輸入しており、このところのルピー安で輸入コストが上昇、収益の悪化をもたらしている。同社は為替変動への対応力強化に向け、国内生産を増強することを検討中だ。

5/29/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21140

トラックバック一覧(0)