日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/27/2012 10:06 PM

 政府系医薬品企業のHLLライフケア(ケララ州)はコンドーム「デラックス・ニロド(Deluxe Nirodh)」の販売をてこ入れする。

 デラックスは元々、人口抑制やエイズ予防など政府の政策に合わせてHLLが開発した製品。1990年代に入り民間企業が相次いで高級品を投入して以来、販売が落ち込み始めた。

 2007-09年の3年間で民間企業が販売する製品の市場規模は45%拡大したのに対し、この期間、デラックスの売上高は4%以上減少。国内シェアは20%にまで落ち込んでいる。

 最近の傾向として、1箱100-600ルピーの高価格帯の商品が売れ筋であるのに対し、デラックスは1箱3ルピーという低価格で売られており、「安物」のイメージが定着していることも消費者離れを引き起こす一因となっている。

 こうした事態を受け、インド国家エイズ管理機構(NACO)はデラックスの全面的な刷新に乗り出す。

 従来品と比べて機能を強化するほか、新たなパッケージを採用。また、これまで展開してきた広告は時代に合わないとして全面的に刷新し、イメージの一新を図る。

 マーケティングでは民間企業との競合を避け、これらの企業の浸透が進んでいない中小都市や農村部を主に開拓する計画だ。

6/25/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21342

トラックバック一覧(0)