日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/19/2012 02:14 AM

 ドイツの物流大手DHLサプライ・チェーンはマハラシュトラ州ムンバイに医療業界向けの物流センターを新設した。

 医薬品メーカーが卸業者、薬局、病院などに医薬品や医療機器を供給するうえでの拠点となる。DHLは世界の新興国で医療業界向け物流拠点の整備を進めており、新センターの設置もこの一環。

 敷地面積は5万6,000平方メートル。在庫機能、流通機能のほか、臨床試験(治験)機能を備える。医薬品メーカーや医療機器メーカーの業務の効率改善に寄与することが期待される。

 DHLは既に世界150カ所で医療業界向けの物流センターを運営する。世界の医薬品、医療機器市場では新興国が成長のけん引役を担うと予測されており、同社は今後も新興国での事業拡大に力を注ぐ方針だ。

6/15/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21260

トラックバック一覧(0)