日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/20/2012 04:35 AM

 インド政府からのインターネット上のコンテンツの削除依頼が、2011年下半期は255件に達したことが分かった。

 米グーグルの調査によるもの。

 インド政府の削除申請は同年上半期から49%増加し、各国政府による削除依頼の合計件数の4分の1を占めた。

 インド政府による削除要請のうちユーチューブで公開されている動画に対する依頼が133件で最も多かった。このうち国の安全保障に関するものが10件、誹謗・中傷など同政府が掲載するのにふさわしくないと判断したものが77件だった。

 このほか、ウェブサイト26件、ブログ49件について検索結果に反映しないようグーグルに対して要請していた。

 同期間に各国の政府から出された削除要請は約1,000件。グーグルではこのうち半数強について、要請に従いコンテンツを削除したり、検索結果に反映されないようにするなどの措置を講じた。

 ユーザーに関するデータの提出要求では、インド政府はトップの米国政府の6,321件に次ぐ2,207件の要求を提出。グーグルはこのうち66%に応じていた。

6/18/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21274

トラックバック一覧(0)