日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/21/2012 01:57 AM

 二輪国内最大手ヒーロー・グループは、ホテル運営事業に参入する。

 米大手ホテルチェーン、マリオット・インターナショナルと先日、店舗の運営受託契約を締結した。マリオットがハリヤナ州グルガオンに開業する同社のブティックホテル「エディション」のインド1号店の運営を手がける。

 ヒーローは昨年9月にホテル運営事業に参入する意向を表明。以来、複数の大手チェーンと提携に向けた協議を進めていた。

 昨年9月の時点ではホテル事業への初期投資額について65億ルピーとしていたが、現段階で75億ルピーまで膨らんでいる。ホテルの開業は、当初年内を予定していたが、14年にずれ込む見通しだ。

 エディションは、現在トルコ・イスタンブールに1店舗があるのみ。マリオットは今後2年以内にインドに加え、ロンドンやニューヨーク、バンコクなど世界各地で同ブランドの出店を計画している。

 ヒーローは現在、国内に51万8,000平方メートル(128エーカー)の土地を保有している。市場関係者らからは、同社が広大な不動産を活用して、ホテル事業を今後さらに強化する可能性を指摘する声が上がっている。

 同社はこのところ、高級日用品小売チェーン「オマ(Oma)」やレストランチェーン「アウマ(Auma)」など本業以外の事業への進出を進めている。

5/18/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21051

トラックバック一覧(0)