日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/01/2012 12:00 AM

  サンリオ(本社・東京都品川区)は「ハローキティ」ブランドのアパレル製品をインドで販売する。

  アパレル小売チェーンを展開する21ファッション・スタジオ(デリー)とこのほど、販売委託契約を締結した。同社の約80店舗で近く販売を開始する。

  当初は衣類のみを販売する予定だが、順次アクセサリーやおもちゃ、ゲーム、靴、腕時計、パーソナルケア製品、寝具、バス用品、飲食料品などに広げる。サンリオがハローキティブランドの商品をインドで本格的に販売するのはこれが初めてとなる。

  21ファッションのムスクマール最高経営責任者(CEO)は「これまでインド国内には輸入品とコピー商品しか出回っていなかったが、国内で安定的に商品を供給できる体制が整った」と述べ、歓迎する意向を表明した。

  ハローキティブランドは全世界約5,000店の店舗で2万2,000種類以上の商品が販売されている。

4/27/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20933

トラックバック一覧(0)